きくのすけの旅行&本&ライフデザインブログ

旅行や本・読書、ブログ運用等を中心に社会ネタを扱います

学生時代の海外旅行:上海(中国)~4時間で行ける海外の国〜

こんにちは!きくのすけ(Kikunosuke)です!

 

最初の記事で、旅行の大きな魅力は

「一般的なイメージと違う世界を生で体感でき、
体験を通じて感じる新しい発見や感性を体得することだ」

と書きました。

 

特に海外旅行は単なる楽しかった経験というだけでなく
後々の人生の中で「視野の広がりに役立った経験」として残るものだと思っていますが、

実体験をもとにした方が
「実際に滞在してどういったことを感じたのか」 伝わるかと思い、
シリーズ版として過去の旅行記をお届けしています。

 

今回は学生時代に行った上海(中国)の体験談をお送りします!

 

私の旅行記では、海外旅行で行った当時の感覚をベースにしながら、今の断面で感じていることを織り交ぜて作成していますので、併せてお楽しみください笑

 

〇上海(中国)体験談

香港・マカオの旅行ですっかり海外旅行が楽しくなった私は

学校期間中の6月に友人と2人で上海旅行に行くことにしました。

 

この旅行では、私も一緒に行った友人も海外旅行に行った経験が少なかったので

HISのツアーで上海に行きました!

(2022年3月時点でもツアー情報があるか調べてみましたが、ツアー情報はありませんでした、、、)

 

ちなみに場所を上海にした理由は

当時私は第二外国語で「中国語」を選択しており、

英語と同じように「中国語」を実践できると良いなと思っていたこと

中国は比較的近い海外で未だ行った経験がなく、価格も比較的安かったこと(たしか飛行機とホテル代で10万円しなかったと思います)

の2点です。

 

と、格好良く綺麗な理由を並べていますが、
実のところ中国語は、社会人になってから、ほとんど利用する場面に遭遇しておらず、
今となっては中国語はさっぱりわかりません笑

 

上海という都市についても簡単に触れます。

上海は中国の東側(華東エリア)、長江の河口に位置します。
総面積は約6300㎢(東京都の面積の約3倍)、人口は在住外国人や地方出身者を含め約2500万人と言われている、中国の中でも発展した都市です。

上海は国際色豊かで経済の中心地とのイメージの強い方も多いと思いますが、結構昔ながらの場所や自然の残るような場所も多いです。

 

上海は東京から3時間くらいのフライトで行くことができます。

私は3泊4日で行きましたが、初日と最終日は移動で時間を費やしたので

現地で楽しめたのは、間の2日間でした!

 

2日目はツアーでぐるぐると回りました。

写真のような場所をいくつか巡りましたが、スケジュールがタイトで

あまり思い出せない場所が多かったです。

f:id:kikunosuke2021:20220321163319j:plain

上海観光①

ただ有名処は一通り行ったと思います。

上海旅行で紹介される有名な観光地は豫園(ユエン)です。
豫園は中国江南地方を代表する古代庭園で、明代の1559年に造園がはじまり、完成まで約20年の年月を要したとされています。

非常に趣があり、たくさんの観光客が訪れていたことが印象的です。

 

f:id:kikunosuke2021:20220321163804j:plain

上海観光②

3日目は日帰りで蘇州に行きました。

蘇州は中国の江蘇省東南部、太湖の東岸にある都市で、はるか昔より北京と杭州を結ぶ世界遺産の京杭大運河をはじめとした水路が走っているため「東洋のヴェニス」や「水の都」ともいわれる都市です。

上海から車で1時間半ほどで行くことができるという話だったので、行くことに決めました。寒山寺の鐘は日本から寄贈された除夜の鐘としても有名との話を知り、日本と中国の歴史の深さを改めて感じる機会になりました。
ちなみに大晦日の夜に寒山寺で除夜の鐘を聴きながら新年を迎えるイベントは、人気の高いようです(この辺りも日本と中国の文化が近いなと感じますね)。

 

さて、日中はこのように色々な名所を回りましたが、
夕方以降は上海の中心地に繰り出して、買い物や食事を楽しみました!

特に上海一の繁華街「南京路」はデパートやレストランも多く、食べ歩きを楽しむこともできるスポットでしたので、刺激的な印象を持ちました。
(吉野家の前を通ったときに日本語を話せるキャッチのような人に「吉野家奢るから一緒に付いてきて」と言われ、すごく怖くなったことをよく覚えています笑)

2010年頃の上海中心地、Shanghai city central in around 2010

2010年頃の上海中心地

また香港旅行と同様に上海でもクルーズ船に乗って夜景を楽しみました。

香港と同じく上海もライトアップされた夜景は素敵でした!

 

上海のガイドは「200万ドルの絶景」ということで

香港よりも良い絶景と話していましたが、個人的には香港の方が好きでした。

是非、両方とも見た方の感想を聞いてみたいので、宜しければ感想を教えてください!

 

以上、上海(中国)に弾丸旅行したときの旅行記をお届けしました!

上海の地理関係をある程度理解したつもりで行きましたが、

蘇州が上海に近いということは知らず、蘇州にも行くことで

新たな発見のできた旅だったなと思います。

 

また中国はお茶の国でもありますので、色々と試飲する機会がありましたが、
特に「一葉茶(苦丁茶)」というお茶の味に帰国後にハマってしまいました!

よくよく調べてみると、健康茶として知られているお茶のようで
日本ではあまり知られていませんが、中国ではよく飲んでいる方が多いようです。
専門ではないので、詳しく知りたい方はこちらのリンクをご参照してみてください!

一葉茶、Ichiyo tea

一葉茶

それでは次回の記事でお会いしましょう!