きくのすけの旅行&本&ライフデザインブログ

旅行や本・読書、ブログ運用等を中心に社会ネタを扱います

10代で行く英語語学留学~英語が話せなくてもいけるのか?〜

こんにちは!きくのすけ(Kikunosuke)です!

 

今回はタイトルの通り、

「英語が話せなくても語学留学にいけるのか?」

をテーマに記事をお届けいたします。

 

私は高校時代の夏休みに民間の語学研修プログラムでバンクーバーに行きました。

 

このバンクーバーでの経験は私の中で

後々の人生の中で「視野の広がりに役立った」と感じており、

コロナ禍や世界情勢が落ち着いた暁には、

是非若い方々に一度、海外に行ってほしいなと思っている程、

若い時に経験して良かった原体験だったと思っています。

 

一方、当時の私は、海外に行くワクワク感がありつつも、

「英語が自信ないけど、大丈夫なのか?」

と不安になっていたこともありました。

 

そこで本記事では、若い時の私と同じように

「英語が話せないな」と思っていても語学留学に行けるのか

私なりの見解で記事をお届けします。

 

 

過去のバンクーバーでの短期語学留学に関する記事も以下に掲載しましたので、併せて読んで頂けると有難いです。

 

【過去記事】

10代の海外経験~なぜ高校生のときに語学研修に行くことを考えたか~ - kikunosuke2021’s blog

10代の海外経験~バンクーバー行きを決めた理由~ - kikunosuke2021’s blog

10代の海外経験~バンクーバー語学研修での過ごし方(どんな生活をしていたか)~ - 30代ライター:きくのすけのライフデザインブログ

バンクーバー(カナダ)の街並み、Vancouver city (Canada)

バンクーバーの街並み

英語が話せなくても語学留学にいけるのか?

 

結論としては、

語学留学に行く目的によって変わるため、一概には言えないものの、

基本的には英語が話せなくても語学留学に行ける(=現在の英語力は関係ない)

と思います。

但し、中学1年生・中学2年生レベルの英語はある程度理解していると更に良いかなという感じです。

以下、上記結論の中身について、考察していきます。

 

「英語が話せなくても語学留学に行ける」の意味

 

ある程度主観的な面も入ってしまいますが、

語学研修プログラムに参加する方の多くが

「語学(今回の場合ですと英語)をうまくなりたい、良くしたい」

「海外のことをよく知りたい、外国人と触れ合いたい」

といった感じで、何かしら海外への好奇心なりモチベーションなりがあるかなと感じます。

(語学研修といえど、それなりに費用はかかるので、そうした思いを持たないと、お金を出してまでいかないという面もあると思います)

 

何かしら海外への好奇心なりモチベーションがあるということは

裏返すと、

「今は英語出来ていないけど伸ばしたいな」とか

「海外の人とやり取りするには英語が使えるとよいな」とか

感じている人が多く語学留学に参加しているということです。

 

実際、私の行ったプログラムでも

メキシコ人やドイツ人など、日本人から見ると英語使えそうな印象を持っている外国人も

日本人と同じように英語が使えない人は多かったですし、

英語レベルの違いで授業のクラス分けも変わるので、

今の英語力と同じレベルの人(外国人含め)と触れ合う機会が多かったです。

 

そういう意味では、今の英語レベルはあまり気にする必要はなく、

むしろ好奇心なりモチベーションがあるか否かの方が重要だと感じます。

 

中学1年生・中学2年生で学習する英語がある程度分かると良い

 

ここまで英語力は関係ないと書いている中で真逆のことを書きますが笑、

語学研修をより実のある経験とするには、

中学1年生・中学2年生で学ぶ英語の内容がある程度理解できると良いと思います。

 

実際に私の行ったプログラムでも、英語を話すことへの抵抗が強く、

日本人同士で日本語で生活していたり

寮から一歩も出ず(日本人含め誰とも会話せず)生活していたりする人も少なからず見てきました。

(前者は結構やりがちですし、高校時代とかですと仕方ない面もありますが、
 後者はわざわざ高いお金を出して来ても勿体ないなと正直感じました)

 

「Where?」「What?」「How?」

 

この辺りの構文や現在形と過去形の使い方あたりを何となく知っていると、

英語を使う場面が自然と生活の中で出てきますし、

日本人以外の人と会話することも慣れてくると思うので、

現地生活をよりよく過ごすためには、今まで習った英語のおさらいをしてみると良いかなと感じます。

 

語学面に不安のある場合は日本人の多いプログラムに入ることも1つの考え方

 

最後に先ほども書きましたが、

英語に不安がある場合、日本人の多いプログラムに入ることも1つかなと思います。

 

英語が出来るに越したことはないですが、

Rice or Bread? → Riceといったやり取りも多く

意外となんとかなるものです。

 

またボディーランゲージや表情など、言葉以外の部分を

相手とのコミュニケーションは大きいと感じることも1つの大きなことだと思います。

 

英語力が不安な人向けのプログラムも用意されているので、

難しいとは思いますが、「行きたいな」と思ったら、

英語力はあまり気にせず、自分の合ったプログラムで行くことが良いと思います。

 

まとめ

 

今回は「英語が話せなくても語学留学にいけるのか?求められる英語レベルについて」というテーマでバンクーバーでの体験談を織り交ぜてお届けしましたが、いかがでしょうか。

 

記事を書きながら改めて思いましたが、

語学研修で行く際に重要なことは、

「今の英語力」ではなくて

「海外の人と触れたい」「英語をうまくなりたい」

といった自分の中で感じていること(思い)かなと思います。

参考にして頂ければ幸いです。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

【参考文献】

留学は英語が話せない人でも大丈夫!【心構え5つを紹介】 - フィジー留学のフリーバード|留学費用の安い国で語学留学

英文法 | ちょいデブ親父の英文法